YELLOWロゴ黒.png

Piano & Dance Film

*English info is below Japanse info.

『YELLOW』

ピアノ×ダンス 映像作品

 

河野紗代子(ピアノ) 清水美紗都 (ダンス)

 

2022年1月10日(月祝)~4月10日(日) オンライン公開

ABOUT

「黄色」という色にどんな印象を抱くだろうか?

太陽や星、菜の花やひまわりの元気で温かい色。反対に、踏切や信号、標識など危険を喚起する色。日本人には、黄色人種=アジア人ヘイトの問題があり、映画界では、紛争や貧困地域の描写に黄色い色を映像に重ねる「イエローフィルター」も近年問題視されている。

本作では、「黄色」が持つ多面性をオリジナルピアノ音楽とコンテンポラリーダンスで切り取り、全く新しい「黄色」を提案する。

1年の歳月をかけて黄色い風景を追い求めたロケーション撮影と映像ならではの演出。劇場で上演した『すべて黄色だった。』をベースに、より黄色の世界に浸れる映像作品『YELLOW』へと生まれ変わった。

 

PERFORMANCE

河野紗代子(ピアノ)

熊本県出身。3歳でピアノ、6歳で作曲を始める。東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。作曲を中島和宣、安良岡章夫、松本日之春、和声を野田暉行、対位法を尾高惇忠、ピアノを中島和代、砂原悟の各氏に師事。第6回九州音楽コンクールピアノ部門審査員特別賞受賞。

ピアノ曲からオーケストラ曲までクラシック音楽を中心とした楽曲制作を手がけ、国内外で発表。ポピュラー音楽のアレンジも多く手がける。

 

清水美紗都(ダンス)

東京都出身。3歳よりクラシックバレエ、15歳よりコンテンポラリーダンスを学ぶ。

お茶の水女子大学 舞踊教育学コース卒業後、同大学院修士課程修了。

英国Northern School of Contemporary Danceにて修士号取得。

16歳で振付を始め、国内外で作品発表を続けている。

2019年英国のダンスフェスティバルにソロ作品”The Fly”が招致された。

ダンサーとしても近藤良平、平山素子、Fernanda Prataなどの作品に出演。

近年は古民家やギャラリーでの作品発表の他、映像作品制作など活動の幅を広げている。

DATE & TIME

2022年1月10日(月祝)0:00より オンラインで映像公開

(4月10日(日)23:59まで視聴可能)


 

TICKET

1,000円 (オンラインショップにて発売中)

オンラインショップ:https://misatoshimizudance.stores.jp/

​クレジットカード(VISA, MasterCard American Express,  JCB, Diners)、銀行振込、コンビニ決済、キャリア決済、PayPal、楽天ペイ​で支払い可能。

1月10日まで→公開日までに作品のURLをメールにて送付。

1月10日以降→オンラインチケットのURLからご視聴可能。

パソコン、タブレット、スマートフォンなどでご鑑賞可能。

 


 

YELLOW表.jpg
YELLOW裏.jpg

CAST & STAFF

出演: 河野紗代子 清水美紗都

 

演出: 河野紗代子 清水美紗都

作曲:河野紗代子

振付:清水美紗都

映像撮影・編集:たきしまひろよし

映像素材編集: 清水美紗都

照明デザイン: 針谷あゆみ

レコーディングエンジニア: Arthur Martin

マスタリングエンジニア: Arthur Martin

制作:清水美紗都

制作協力:西原栄

フライヤーデザイン:もりいわひろふみ

写真撮影: 木村雅章

Special Thanks: 横尾友広 筒井昭善

 

エンドロール曲: “Yellow” / Coldplay (編曲: 河野紗代子)

 

助成:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京【スタートアップ助成】

 

CONTACT

メール:misatoshimizu.dance@gmail.com

特設ページ : https://www.misatoshimizu.com/yellow

ACT_logo-01.jpg

Piano & Dance Film "YELLOW"

Sayoko Kawano (Piano)   Misato Shimizu (Dance)

10th January 2022 ~ 10th April 2022 (Online Streaming)

TICKET

ABOUT

What kind of impression do you have of the colour “Yellow”?
The warm and vibrant colour of rape blossoms and sunflowers.
The colour which warns you like railroad crossings or traffic lights. 
 
For Japanese, Asian(=Yellow race) hate is a serious issue.
In the film industry, the “Yellow filter” effect, which adds a yellow filter on the scenes when they describe a poor or disputed area, is gaining attention for potential discrimination.
 
In this film, we suggest a new “Yellow” by describing various faces of the colour yellow with original piano music and contemporary dance.
 
From “It Was All Yellow”, we presented in the theatre in November 2021, we added video effects and scenes shot on the yellow locations over a year.
We recreated the work as a film which enabled you to experience the more yellowy world.

DATE & TIME

Streaming Online (YouTube - Unlisted)

10th January 2022 (0:00 JST) ~ 10th April 2022 (23:59 JST)

1,000 JPY (approx.  9.00 USD / 7.00 GBP / 8.000 EUR) Available on the online store.

Online Store:https://misatoshimizu-eng.stores.jp/

For foreign customers, we recommend you to use PayPal as the system often does not accept credit cards issued outside of Japan.

You can download an online ticket which has a URL for the video streaming.

a15_211120_10963.jpg
a12_211120_10435.jpg

Photos by Masabumi Kimura

CAST & STAFF

Performed by Sayoko Kawano & Misato Shimizu 

 

Direction: Sayoko Kawano & Misato Shimizu

Composition: Sayoko Kawano

Choreography: Misato Shimizu

Videography: Hiroyoshi Takishima

Video Source Editing: Misato Shimizu

Lighting Design: Ayumi Hariya

Recording Engineer: Arthur Martin

Mastering Engineer: Arthur Martin

Producer: Misato Shimizu

Associate Producer: Sakae Nishihara

Flyer Design: Hirofumi Moriiwa

Photo: Masabumi Kimura

Special Thanks to Tomohiro Yokoo & Akiyoshi Tsutsui


 

Credit Roll Music: “Yellow” / Coldplay (Arranged by Sayoko Kawano)

 

Supported by Arts Council Tokyo (Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture)

ACT_logo-01.jpg

Profile

Sayoko Kawano (Piano)

Composer and pianist based in Tokyo, graduated in composition from the Tokyo University of the Arts.

She started playing the piano at the age of three and composing at the age of six.

She was awarded the Special Jury Prize for piano performance at the 6th Kyushu Music Competition.

Her compositions, which range from works for solo instruments to chamber and orchestral music are performed at home and abroad. She also arranges popular music for solo instruments and various ensembles.

 

Misato Shimizu (Contemporary Dance)

Freelance Contemporary dance artist based in Tokyo.

Misato started her classical ballet and contemporary dance from a young age. She graduated from Ochanomizu University.

Then she has gotten a scholarship from the Japanese government to study at Northern School of Contemporary Dance in the UK. She finished MA with Distinction. She has worked as a dancer with choreographers such as Ryohei Kondo, Motoko Hirayama, and Fernanda Prata.

As a choreographer, she has also kept presenting her pieces at home and abroad. Her recent research themes are “restrictions” and “social media”. She not only performs in theatres but also involves site-specific performances and video works.