​清水 美紗都

コンテンポラリーダンスアーティスト、振付家、ダンサー。

​東京出身。3歳よりクラシックバレエを習う。振付に興味を持ち、15歳でコンテンポラリーダンスに転向、平山素子に師事。16歳で最初の作品を振付、以降国内外で自作作品の発表を続けている。

お茶の水女子大学文教育学部芸術・表現行動学科舞踊教育学コース卒業、同大学院修士課程修了。

大学在学中からダンサーとして、近藤良平振付『モダンタイムス』や『とさか計画 Chilly Gonzales』などに出演。

2016年ダンスカンパニー&dot.を旗揚げ、初の公演を行う。

2017年、官民協働海外留学支援制度トビタテ!留学JAPAN7期生として、イギリスNorthern School of Contemporary Dance MA Dance & Creative Enterprise学科に留学、首席にて修士を修了。留学中はダンスとアートマネジメントを学び、サイトスペシフィックダンス作品にも出演。修士制作としてマルチメディア作品『HASHTAG』を発表。学外でもダンスフェスティバル”Let’s Dance International Frontiers18” にてソロ作品を発表、最優秀作品に選出され、2019年の同フェスティバルでは長編枠で招致され、高評価を得た。

2019年アーティストの協働体cocozineを結成し、日本家屋でのダンス×音楽×建築×演劇の公演を行う。

Photo by David Stone

​© 2020 Misato Shimizu

  • Grey Facebook Icon
  • Instagram
  • Grey YouTube Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now